婦人

美肌の敵にも味方にもなる

メイクをするだけで紫外線をカットできますが、酸化して肌の老化を進めることもあるので、肌の敵にも味方にもなります。エイジングケア化粧品には肌のハリとツヤを守るあめにヒアルロン酸やコラーゲンやセラミドが含まれています。

詳しく見る

肌ケア用品

お肌を若返らせてくれる

エイジングケア化粧品にはお肌の若返りをサポートしてくれる様々な有効成分が含まれています。肌のハリや潤いを回復させる成分をはじめ、近年の研究開発から見出されたグロースファクターなど注目の成分が含まれているのが特徴です。

詳しく見る

女性

若さを保つために

エイジングケアはとても大切です。エイジングケアができるオールインワンジェルなら簡単に肌を美しくできます。中に様々な成分が入っているので色々使わなくてもジェルを塗るだけでスキンケアが終わります。使い始めてから肌の調子が明らかによくなったという声は多いです。

詳しく見る

スキンケア用品

化粧品の選び方

スキンケアでエイジングケアする場合は、自分の肌の悩みに合った美容成分を配合した化粧品を選ぶのが大切です。シミやくすみが気になる場合は美白化粧品を、シワやたるみが気になる際はハリ感アップ効果のある美容成分を配合した化粧品を選びましょう。

詳しく見る

婦人

若々しくいたいなら

エイジングケアコスメを購入したい時は通販サイトが便利です。色々なエイジングケアを販売している業者が通販サイトを用意しているので時間をかけて見比べましょう。特にオールインワンジェルタイプは時短できると大好評です。

詳しく見る

肌トラブルの解決

基礎化粧品

アンチエイジングとの違い

巷ではアンチエイジングという言葉があふれかえり、若返りに関してテレビや雑誌でもたくさん取り上げられています。エイジングケア化粧品とよばれるコスメもたくさん販売されていますが、エイジングケア化粧品とはしわやたるみといった肌のトラブルを解消する基礎化粧品のことをいいます。エイジングケアとアンチエイジングは同じ意味として使われることが多いですが、エイジングケアは化粧品に、アンチエイジングは医薬部外品に使われることが多くなっています。エイジングケア化粧品は40代ころから使われることが多い基礎化粧品ですが、肌の老化は10代後半からスタートしています。そのため、早いうちからエイジングケア化粧品を使って、ケアをすることが進められています。ただ、若いころは肌の老化というよりもニキビや皮脂への対応に重点を置くことが多いので、エイジングケア化粧品を本格的に利用するのは30代からになってしまいます。若いうちは紫外線を浴びないことや寝不足に気を付けるような生活習慣を正しくすることがエイジングケアになります。エイジングケア化粧品は、ヒアルロン酸やコエンザイムQ10やビタミンC誘導体などの美容成分がたっぷり含まれている基礎化粧品になります。これら成分が肌に浸透することによって肌にハリを与えて、水分をしっかりと蓄えられるようにします。水分が失われるとシワになりやすくなり、肌のターンオーバーも不安定になってしまいます。